通学路は危険がいっぱい

バラバラに対策しても無意味です

残念ながら小学生を狙った犯罪や事故が後を絶たないのが現状です。例えば集団登下校は子供の連れ去り事件などには効果はありますが、自動車が集団登下校の子供達に突っ込む事件が頻繁にニュースで報道されるなど一長一短あります。そこで父兄さんがボランティアで主要な道路に立ち見守り隊などを結成していますが、結局は自動車に突っ込まれたら防ぎようがないのです。
ですから子供が安心して登下校するためには、行政側の対応が重要です。交通量が多い道路をどうしても通らなければないない学校も中にはあります。学校を移転するのが一番良いのでしょうが、現実的には不可能です。ですからせめてガードレールの設置が必要です。また子供が登下校する時間帯には自動車がスピードを出し過ぎないように、信号の変わる時間を短く設定するなどの対策が効果的です。
さらに大きな交差点などには警察官を立たせて、交通ルールを守らせるようにドライバーに意識させます。パトカーや警察官の姿があるだけでもドライバーは無意識にスピードを落とし、安全運転を心掛けるものです。あとは集団で登下校することにより、変質者などからの声かけなども防げるのです。地域住民と行政、子供自身が一体となり、安全に登下校できる体制を作ることが重要です。

小学生が通学の防犯のために持つグッズ

ここ数年で小学生が通学の時にトラブルに巻き込まれてしまう事が増えてきています。それにより小学生が安全に通学する事が出来るように防犯対策をする必要が出てきています。通学路に大人の人が立っていたりして安全を見守っていたりもしますが、通学する小学生も防犯グッズを持っていた方がいいです。そこで小学生が通学の防犯のために持っておきたいグッズを挙げていく事にしましょう。
小学生が通学の防犯のために持つグッズでまず挙げられるのが防犯ブザーです。防犯ブザーはランドセルやカバンに取り付ける事も出来るので学校の先生からも指示される事が多いです。トラブルに巻き込まれそうになった時にボタンを押すと大きな音が鳴るので周囲に人に伝える事が出来ます。
小学生が通学の防犯のために持つグッズで最近取り入れているのがGPS機能付きの携帯電話になります。小学生が持っているだけでGPS機能により現在地が分かるのでトラブルに巻き込まれた時もすぐに対応する事が出来ます。また電話やメールで連絡を取り合う事も出来るので小学生が通学の防犯のためのグッズにもなります。小学生が通学の防犯のために持っておきたいグッズは防犯ブザーやGPS機能付きの携帯電話があるので出来れば両方持たせるようにした方がいいでしょう。

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Article List

Press Release

防犯は地域の人の協力が不可欠

通学の防犯には見守り隊が活躍 近年、学校の通学下校の際、不審者などの目撃情報が減ることはありません。子…

Read more

みんなで集まって歩くことが防犯の第一歩

友達と一緒に通学することで集団下校効果 一人で通学するのは非常に危険です。例え、お店が並ぶ通学路でも、…

Read more

登下校時はブザーがあると安心

できることすべて親子で考えます まず通学路を通って、行き返りをすることが基本です。なかなか帰ってこない…

Read more

こんなに増えた子供を守る手段

通学時の防犯ブザー とても悲しいことではありますが、昨今では毎日のように小さな子どもへの非道な犯罪や、…

Read more