登下校時はブザーがあると安心

できることすべて親子で考えます

まず通学路を通って、行き返りをすることが基本です。なかなか帰ってこないときに探しに行ってもルートが違っていたら探しようがないからです。必ず決められた通学路を通るように子供と確認をしておきます。次に通学時間帯で、みんなが動く中心時間帯に合わせます。一人で歩いたり、いつもなら一緒の友達がいなかったりしてもみんなと一緒なら比較的安全だからです。寄り道したりせずにさっさと帰ります。
防犯ブザーは電池が切れると見掛け倒しなので必ず笛を一緒につけておきます。携帯電話が禁止されていなければ許可を取って持たせるのも安全です。しかしどんなにいいものを持たせても使い方がわからなければ何にもなりません。いざ狙われたら子供は硬直して笛も吹けないしブザーの紐さえ引けないのですから。日ごろからこういう時にはどうするのか親子できちっと話し合いが必要なのです。帰るときに門の前からメールや電話をさせる。時間を見ておいて遅い時には近くまで見に行くのも1年生には必要です。
どこから帰ってくるのか、だれと帰るのか、学校が何時ごろ終わっているのかを確認しておくと、いざというときに動けるからです。もちろん親同士の情報網は持っておいた方が良いでしょう。「何時頃帰ってきた?」など確認できるからです。親が付いていても事件に巻き込まれることもありました。その時どうするかが大切なのです。

防犯グッズで安心を買う

みなさんはお子さんの身を守る為に何か取り組みをされているでしょうか。道端の防犯カメラの数が昔と比べて増え、個人の家に取り付けるインターホンが防犯カメラ仕様になって販売されているのは、子供を狙った凶悪犯罪が増えたことを物語っています。
明らかに不審者だと思われるような人物による犯行だけだったのが、今では顔見知りの人物による犯行も多々あり、知らない人には付いて行かない…から、知っている人にも付いて行ってはいけない…と指導する世の中になってしまいました。
防犯カメラは設置されていない場所もある為、死角になるような所は子供一人で歩くと危険です。我が家ではなるべく一人では出歩かないようにと子供に伝え、常にお友達と行動を共にするように言っています。登下校時は防犯ブザーと防犯用の笛をランドセルに付け、さらに個人で契約をした登下校の見守りシステムを導入し、ランドセルの中にICタグを入れて、学校の到着時刻と下校時刻を把握できるようにしています。年間で5千円ほどかかるシステムですが、安心を買うと思えば決して高くはありません。
また子供用携帯も契約していますが、放課後の遊びに持たせるとかなり役に立ちます。居場所も把握できるので助かります。みなさんも積極的に防犯グッズを取り入れて下さい。

Calendar

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Article List

Press Release

防犯は地域の人の協力が不可欠

通学の防犯には見守り隊が活躍 近年、学校の通学下校の際、不審者などの目撃情報が減ることはありません。子…

Read more

みんなで集まって歩くことが防犯の第一歩

友達と一緒に通学することで集団下校効果 一人で通学するのは非常に危険です。例え、お店が並ぶ通学路でも、…

Read more

登下校時はブザーがあると安心

できることすべて親子で考えます まず通学路を通って、行き返りをすることが基本です。なかなか帰ってこない…

Read more

こんなに増えた子供を守る手段

通学時の防犯ブザー とても悲しいことではありますが、昨今では毎日のように小さな子どもへの非道な犯罪や、…

Read more