こんなに増えた子供を守る手段

通学時の防犯ブザー

とても悲しいことではありますが、昨今では毎日のように小さな子どもへの非道な犯罪や、学校への行き帰りの時間帯に出没する変質者について、さまざまな報道を目にします。大切な子どもたちをそのような犯罪から守るためには、通学の防犯について、親の立場からしっかりと伝えていく必要がありますよね。
たとえば、一度家に帰ればご両親が見守るなか、毎日元気に走り回っているような子どもでも、いざ犯罪者に遭遇したとき、怖がったり立ち止まったりせずに走って逃げられるという保証はありません。大人でも、怖い目にあったときには大きな声が出せなくなると言うくらいですから、お子さんの通学や下校時には必ず防犯ブザーを持ち歩き、おかしな人に出会ったらすぐに鳴らすように繰り返し教えておくなど、基本的な防犯対策は油断せずしっかりとおこなっておきましょう。
ちなみに、防犯ブザーを持っていることが見えるようにしておくだけでも、犯罪者を近づけないためには高い効果があるということが分かっています。ですから、防犯ブザーはあえて一目見ただけで分かるような、おしゃれではないデザインのものにして、常にカバンなどの見える位置に付けておくように指導することも大切です。

防犯グッズで子供を守る

なんとも物騒な世の中になり、子供を狙った犯罪が頻発するようになりました。昔は「知らない人にはついて行かない」ように教えていましたが、今では我が家では「知ってる人にもついて行かない」ように教えています。国内での凶悪犯罪を受けての結果です。本当に残念な世の中に変わってしまいました。
通学時のランドセルには防犯ブザーをぶら下げ、同じように笛もつけています。どちらも入学時に市から提供されたものです。その他にはランドセルの中にICタグを入れているのですが、そちらは個人で企業と契約したもので、学校の門を通過すると保護者にメールが届くシステムになっています。朝は無事に学校に辿り着けた旨を把握でき、帰りは帰宅時間を予測できるので便利で安心できるシステムです。
また、放課後に友達と遊ぶ際にはキッズ携帯を持たせているのですが、それには防犯ブザーの機能が付いており、ブザーが鳴ると登録したメンバー全員に緊急メールが送信される仕組みになっています。そして位置検索もできるように設定しているので、遊んでいる居場所をチェックすることも可能です。
そのようにしてお金をかけてでも子供の安全を保護者自身が守ってあげなければならないのだと意識する日々です。みなさんもあらゆる防犯グッズでお子さんを守ってあげてください。

Calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Article List

Press Release

防犯は地域の人の協力が不可欠

通学の防犯には見守り隊が活躍 近年、学校の通学下校の際、不審者などの目撃情報が減ることはありません。子…

Read more

みんなで集まって歩くことが防犯の第一歩

友達と一緒に通学することで集団下校効果 一人で通学するのは非常に危険です。例え、お店が並ぶ通学路でも、…

Read more

登下校時はブザーがあると安心

できることすべて親子で考えます まず通学路を通って、行き返りをすることが基本です。なかなか帰ってこない…

Read more

こんなに増えた子供を守る手段

通学時の防犯ブザー とても悲しいことではありますが、昨今では毎日のように小さな子どもへの非道な犯罪や、…

Read more