防犯は地域の人の協力が不可欠

通学の防犯には見守り隊が活躍

近年、学校の通学下校の際、不審者などの目撃情報が減ることはありません。子供自身で日頃から防犯意識を高めていることはもちろん重要ですが、それだけでは足りないというところも否めません。そこで有効になるのが保護者による見守り隊です。
犯罪の抑止力となるのには、子供の自己防衛よりも、大人の力の方が有効です。子供の登下校の際に親が見守り隊として付近をパトロールするというのは、不審者にとっても脅威になります。もし子供が危険な目に合ったとしても、こうした見守り隊が付近にいるというだけでも、子供を守る手立てになります。そして普段から見守り隊のパトロールが多い地域であると、不審者自体も減少をしてくることになります。
また、ただ単に見守り隊として活動をするだけでなく、情報を共有する事も必要です。どこの地域に不審人物がいたというのはもちろんですが、パトロールを強化した方が良い場所、死角になりやすい場所などといった情報を共有し、活用する事でより犯罪を減らすことができるでしょう。子供自らの意識を高めるのはもちろんですが、親もこうした防犯意識をより高めていかなければ、子供を犯罪から守ることができなくなってしまいます。

通学の防犯に必須の防犯ブザー

今は通学の際にカバンに防犯ブザーをつけるというのがよく見られる光景になりました。しかしながら、この防犯ブザーをしっかりと活用している人はそれ程多くないように思えます。
まず、防犯ブザーを鳴らす習慣が身についていないということがあります。防犯ブザーはカバンについていても、実際に防犯ブザーを鳴らしたことがあるという人は少ないと思います。そのためいざというとき防犯ブザーをとっさに鳴らすことができなかったり、防犯ブザーの存在すら忘れてしまっているということもあるかもしれません。
このようなことを防ぎ、通学の防犯として防犯ブザーをしっかりと活用するには普段から鳴らす習慣を身につけるということです。むやみに鳴らすのはあまり好ましくないので、学校などで講習会などを行い、鳴らすこと自体に耐性を付けることが必要になってきます。防犯ブザーはとにかく大きな音が特徴なので、鳴らす方も躊躇しがちですが、思い切って鳴らせるような訓練も身につけなくてはなりません。
また、大人も防犯ブザーの音が聞こえたら、必ず確認するという行為が必要です。大人自身も防犯ブザーの音に慣れていないので、実際鳴っていても気付かないということもあるかもしれません。普段から防犯ブザーの音に慣れて素早く反応をするというのが大人に求められる行動でしょう。

Calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Article List

Press Release

防犯は地域の人の協力が不可欠

通学の防犯には見守り隊が活躍 近年、学校の通学下校の際、不審者などの目撃情報が減ることはありません。子…

Read more

みんなで集まって歩くことが防犯の第一歩

友達と一緒に通学することで集団下校効果 一人で通学するのは非常に危険です。例え、お店が並ぶ通学路でも、…

Read more

登下校時はブザーがあると安心

できることすべて親子で考えます まず通学路を通って、行き返りをすることが基本です。なかなか帰ってこない…

Read more

こんなに増えた子供を守る手段

通学時の防犯ブザー とても悲しいことではありますが、昨今では毎日のように小さな子どもへの非道な犯罪や、…

Read more